本文へスキップ


メディア対談HEADLINE

歌手・辺見マリさんが来社されました

*****************
雑誌上での対談です。留学や英会話などについて弊社代表・阿部とお話しされました。
*****************



辺見 御社は学生に向けた留学サポート事業を手がけているそうですね。阿部さんがこの業界に入ったきっかけというのは?

阿部 私自身の留学体験がきっかけですね。大学卒業後にアメリカへ留学しまして、アメリカの友人ができたり、現地の生活文化を肌で体験してきたりと、英語を習得する以外にも、非常に楽しく充実した経験を積むことができたんです。それを多くの方に体験してもらいたいとの想いが原点になっています。

辺見 私は臆病者だから怖くて(笑)、留学なんてとても・・・。私と同じように思っている方も沢山いるんじゃないかしら。


阿部 私も最初は怖かったですよ。英語なんて文法すら知らないし話せない。そんな状態でアメリカに渡りましたからね。留学当初は語学学校で勉強していたのですが、英語は自分には身に付かないんじゃないかと半年くらい悩み、帰国しようかと思ったことだってありました。

辺見 それが、一転して今に至るわけですよね。英語が好きになったのには何かきっかけがあったんですか?


阿部 最初は、日本人同士でグループを作って固まりがちになってしまい、アメリカ人の友人がなかなか作れないんですよ。現地の学校で同じ授業を受け、同じ生活環境の中で英語を身につけなければだめだと気付いたんです。それからは、積極的に付き合うことで、アメリカ人の友人もできました。友人と会話をしていくうちに英語が身についてきていることを実感しましたね。そうなると、身の回りで起きるいろいろなことが楽しくなってくるんですよ。留学時のことは十数年経った今でも鮮明に思い出します。


辺見 お話しされているときの阿部さんは目がきらきら輝いていますもの。その感動の大きさが伝わってきます。「留学したい」と思っている方が抱くであろう不安を身をもって体験してきたことは、今のお仕事に役立っていますでしょう。

阿部 そうですね。お客様の大半は初めて留学される方なので、当初の私と同じように現地に行く前から不安をたくさん抱えています。ですから、当社ではお客様とのコミュニケーションを大切にし、不安が無くなるまで何回でもカウンセリングをするんです。出発前には「阿部さんのアドバイスに従えば何があっても大丈夫」と言ってくれる人もいます。

辺見 阿部さんへの絶対的な信頼がなければもらえない言葉ですよね。










雑誌/編集カンパニータンク